Foto von Keita Amemiya
Foto von Keita Amemiya

Keita Amemiya

“グッとくる” というのは、泣くのか、カッコいいとシビれるのかわからないけど、そういうものにするにはどうしたらいいかを模索していたんですよね。あとは途中で飽きられないように、毎回いろいろな話を作るというところですね。”

Regie

Drehbuch

Produktion

Autor

Szenenbild